読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡で生きていくログ

福岡で生きていくログ

昔ながら優しすぎるスープは毎日でもイケる!「昭和福一ラーメン 那賀川店」に食いに行ってきた!【感想・レビュー】

福岡市博多区東那珂のラーメン屋さん「昭和福一ラーメン 那賀川」に行ってきたました。 昭和福一ラーメン 那賀川店 県道112号線沿いに昔から店を構える、昭和から創業している老舗のお店。目の前にパチンコ店があり昼間から客足の絶えないお店ですが外観はレトロ感満載です。これは完全に昔ながらのラーメンが食べれそうですね

いただきます

昭和福一ラーメン 那賀川店

具材 チャーシュー・青ネギ
細ストレート麺
付属 紅ショウガ・辛子高菜

こちらはとんこつラーメン。脂が層をなし、隙間から香るほどよいとんこつ臭が食欲を増幅させてくれます。スープを一口。タレも効き過ぎず、とんこつの臭みが抑えられたあっさりとした優しいスープ。朝から食べてモタれないようなスープは、青果市場があったころには朝からな商売人がたべていたことが想像できます。 img_4369 麺は加水率低めのパツパツした触感。新しいお店が麺にもこだわりだしレベルが上がっているせいで物足りなさも感じますが、ラーメンが500円ってことでコスパ的には十分満足!

DATA

とんこつラーメン:500円

住所 福岡県福岡市博多区東那珂3丁目7-21
営業時間 11:00~22:00 ランチ営業

大きな地図はこちら

重箱に盛られた絶品釜だれとんこつラーメンを喰らう!「一蘭(いちらん)本社総本店」に食いに行ってきた!【感想・レビュー】

福岡市中央区天神のラーメン屋さん「一蘭(いちらん)本社総本店」に行ってきたました。 一蘭(いちらん)本社総本店 一蘭は日本だけではなく海外にも展開する超有名ラーメン店で、有名なのが初めて唐辛子を入れたラーメンを提供したことや、仕切りをした「味集中カウンター」でも話題となりました。 そして、後輩と呑んだ帰りに、とても気になっていた天神西通り店限定のあのラーメンを食べにいってきました!

いただきます

一蘭(いちらん)本社総本店 こちらは釜だれとんこつラーメン。もはや器ではなく重箱で提供されるラーメン。高級感と期待感をすごく高めてくれますね。 一蘭 はい、どん! 開けた瞬間に、とんこつやタレ、そのほかの素材のうまみが絡み合ったスープの香りが食欲を掻き立てます。我慢できません。 スープを一口。重みのあるまろやかなスープは、濃く甘みのあるタレがとんこつスープの旨みを何倍にも増幅します。一蘭はとんこつ甘みを際立たせるようなスープと思ってるので、辛味調味料は入れずにスープを楽しみます。 麺も小麦が香る歯触りのよい細麺ですよね。もはや、何もいうことはありません。 普通の一蘭のラーメンと違う点は、タレの質が違うことが顕著ではないでしょうか。甘みとうまみがより濃く感じられます。 天神西通り店限定なので、観光や買い物ついでに是非おすすめです。

DATA

釜だれとんこつラーメン:790円

住所 福岡県福岡市博多区西月隈3-15-8
営業時間 月~日 11:00~23:00(OS 22:30)

大きな地図はこちら

麺にこだわり、平打ち麺に行き着いた「翔龍軒(しょうりゅうけん) 」にに食いに行ってきた!【感想・レビュー】

福岡市中央区赤坂のラーメン屋さん「翔龍軒」に行ってきたました。 翔龍軒(しょうりゅうけん) 大正通りに面しており、都会ならではの問題で駐車場がないのでコインパーキングか公共機関を利用することになります。 HPを見ると、とんこつラーメンの生みの親の一人「博龍軒」の山平進氏の息子さんが店長としてオープンさせたとあるではありませんか。 「博龍軒」はホントに幼いころから食べ親しんできたので期待に胸を膨らませながら来店しました。

いただきます

翔龍軒

具材 青ネギ・チャーシュー・きくらげ
平打ち麺・ストレート
付属 ショウガ・辛子高菜

こちらはラーメン 鼻に抜ける武骨なとんこつ臭さは「博龍軒」をリスペクトしていることを感じさせます。 スープを一口。とんこつの臭みを最低限に抑えつつ、タレを生かしたスープ。「博龍軒」の様な獣感全開のスープより現代のとんこつスープの主流に近づけたスープは、まさに、とんこつラーメン界の二世歌手で活躍している森山直太朗さんのよう! 麺は、博多では珍しい平打ちで食べたことのある人は少ないかもしれませんが、平打ちのときは固麺ではなく普通麺を頼んだほうが、触感や小麦のうまみをより感じれるますので是非、試してみてください。

DATA

ラーメン:600円

住所 福岡県福岡市中央区大名1丁目9-30 福岡観光ビル1F
営業時間 11:00~21:30(スープがなくなり次第終了) 定休日/不定休

大きな地図はこちら

麺良し!味よし!アクセスよし!「博多 いちばん星」に食いに行ってきた!【感想・レビュー】

福岡市博多区のラーメン屋さん「博多 いちばん星」に行ってきたました。 博多 いちばん星 福岡空港国際線からほど近く、車で5分ほどで到着するようなアクセスのよい場所にこじんまりとした店舗で営業されています。 お店は敷地面積が小さいためテーブル席は無くカウンターのみですが、駐車スペースはありますので車で来店されても大丈夫です。

いただきます

博多 いちばん星 らーめん

具材 青ネギ・チャーシュー・のり
極細麺・角・ストレート
付属 紅ショウガ

こちらはとんこつラーメン。 運ばれてすぐに気付く豚骨の香り。この特有の香りがした瞬間でどんなスープなんだろうと味の想像が膨らみますよね。 表面の脂の層がスープを冷めにくく、コクを深めてくれます。飛び込みたいハァハァ スープを一口。舌先に濃いとんこつスープのまろやかさと旨み、主張しすぎずスープの味を方向づけるタレ、心地よく鼻に抜ける豚骨臭。とてもバランスのよいスープです! 麺は割と細めで低加水のパツパツとした心地よい歯ざわり。細いので硬めが好きな方はバリカタ位に注文するのがいいんじゃないかな このラーメンは、全てのバランスがよい一杯なので、何を食べるか迷ったときに、どんな人でも外れと感じることのない気軽に来れるお店だと思います! 残念な点として、大盛りが注文できないこととランチセットがお得すぎるということ。ランチタイムに入店するとらーめんと同じ値段でご飯まで食べれちゃうみたいです。今度は絶対ランチタイムにこよう・・・

DATA

とんこつラーメン:550円

住所 福岡県福岡市博多区上牟田2-10-25
営業時間 11:00〜翌4:00(L.O.3:40)

大きな地図はこちら

豚骨なのに一線を画す個性的な臭みのスープが特徴の「 天龍 」に食いに行ってきた!【感想・レビュー】

糟屋郡志免町のラーメン屋さん「らーめん 雷蔵 新宮店」に行ってきたました。 天龍 外観 福岡空港からほど近く、車で10分ほどで到着するアクセスよい場所に長年営業されてる老舗ラーメン店。 お店は「68号線」という、今、福岡でもラーメン店が軒並み開業し、群雄割拠の様相を呈しているというのに長年営業されているという実力派。 昔は、すごい、古民家風な店舗だったんですが、同じ敷地内にあるファミマ同様にスタイリッシュな店舗にリニューアルされてますので、女性でも入りやすくなったのではないでしょうか。

いただきます

天龍 らーめん

具材 青ネギ・チャーシュー
極細麺・角・ストレート
付属 辛子高菜・キムチ

こちらはとんこつラーメン。 いかにも醤油タレを効かせたこってりスープという趣。濃い味つけで若い人向けなのかなーと思いつつまずはスープをゴクリ・・・ スープを口に含むと見た目とは裏腹に、あっさりした味わいと豚骨の旨みが口にひろがります。そして、スープを味を締めるようにタレが控えめに効いていて「とんこつ」を活かすスープでした。 いい意味で裏切られたスープですが、最後に鼻に抜ける風味はいままで味わったことのない臭さ。とんこつ臭いというより獣臭、もしくは炭っぽさを感じてしまいました。 個人的にはちょっときつな・・・ 麺は自家製麺で、低加水のパツパツとした心地よい歯ざわりと、小麦の味わいをちゃんと感じられるこだわり麺。うます! 値段も手ごろで、お財布にやさしく、もう一度きちんと味わってみようと思わせるらーめんですね

DATA

とんこつラーメン:480円

住所 福岡県糟屋郡志免町南里1-3-31
営業時間 11:00~20:00

大きな地図はこちら

優しく甘みを感じるまろやかスープが特徴の「天鼓(てんこ)」に食いに行ってきた!【感想・レビュー】

福岡市博多区のチャンポン・ラーメン屋さん「天鼓(てんこ)」に行ってきたました。 天鼓(てんこ) 空港からほど近く、近隣にもドン・キホーテやパチンコ店などレジャー施設が多い人気の街中に、2016年8月にオープンした新店舗です。 うだる様な暑さの中ですが、新店舗のラーメン屋さんを見かけるとついつい足を運んでしまいます。 博多駅南にも同じお店があり、チャンポンが売りで女性客なども多く来店しているとの情報ですが、僕はあえてラーメンを食べます。 お店は元が居酒屋さんの居抜き物件のようで、駐車スペースは確保されており、10人ほどが座れるカウンターとテーブル席が数台あり結構広めな店内です。

いただきます

天鼓(てんこ)

具材 青ネギ・チャーシュー・きくらげ
中細麺・角・ストレート
付属 紅ショウガ・ナムプリ(辛味調味料)

こちらがラーメン 運ばれてもまったく、とんこつスープのようなにおいを感じられない・・・あれ、なんかおかしいぞ・・・ スープは醤油タレで色づいていますが、透明感のあるスープで脂も控えめに浮いている。もしやこれは・・・ スープを一口。舌先に感じるスープの甘みとともに野菜やさまざまな食材を煮込んだうまみを感じます。たれも控えめ、獣感はありますがとんこつというより鶏ガラのような癖のないまろやかな味わいで、お酒を飲んだあとでもするっと食べれるような胃に優しいスープです。 天鼓(てんこ) 麺は中細くらいでとんこつラーメンに合いそうなおいしい麺でした。このスープなら卵麺とかのほうが合いそうな気はしてます。 天鼓(てんこ)チャーハン こちらはチャーハン。味はラーメンスープをチャーハンにかけてちょうどいいくらいの薄口の味付け。まだ、オープンしたてだからなのかな?少し物足りない感が残ってしまいました。一年後にもう一回食べよう。 臭いとんこつを求めて来店すると、物足りなさを感じるとは思いますが、癖のないあっさりとした上品な醤油とんこつ系ラーメンとわかればなかなかおいしいかったです。 しつこくないので、スープが気にいったひとは毎日食べても飽きないんじゃないでしょうか! (僕はとんこつ臭いのが好きなので今度はチャンポン食べてみよ・・・)

DATA

ラーメンセット:800円(?)

住所 福岡県福岡市博多区板付1-9-4
営業時間 不明

大きな地図はこちら

深夜3時まで営業してる半端じゃない辛さの辛子高菜が超危険!「らーめん 雷蔵 新宮店」に食いに行ってきた!【感想・レビュー】

糟屋郡新宮町のラーメン屋さん「らーめん 雷蔵 新宮店」に行ってきたました。 らーめん 雷蔵 新宮店 国道3号線を北九州方面に向かってる途中に必ず、目にするド派手な赤い看板に匂いがにじみ出てそうなラーメンの画像。 長距離運転や買い物帰りで疲れた時に、休憩がてらふらっとよってしまいそうな立地条件で、駐車場が併設されてますがお昼時は満車状態の人気店です。

いただきます

らーめん 雷蔵 新宮店 豚骨ラーメン

具材 青ネギ・きくらげ・チャーシュー
極細麺・角・ストレート
付属 辛子高菜・キムチ

こちらはとんこつラーメン。 多めのキクラゲは最初からこの量、きくらげ好きにはうれしい盛りですね!見た目とは裏腹に豚骨の匂いはさほどせず、丁寧に下処理をしていることが分かります。 とろっとした白濁スープは、とこんつの味わいも残しつつまろやかでしつこくない味わい。麺が極細といっていいほど細めで、よくスープに絡みます。替玉するときにはスープが大分減ってる可能性があるのでスープマネジメントには気をつけて食してくださいね らーめん 雷蔵 新宮店 チャーハン  こちらは辛子高菜チャーハン。 午後3時から注文できる時間限定の逸品。とにかく気を付けてほしいのが辛子高菜がまじで辛い!ほんとに辛い!!どのくらい辛いかというと辛子高菜が付いた手をおしぼりで拭いた後、目をこすると目の周りがひりひりするくらい香辛料がかかってます。けど、ほんとに辛ウマい。 らーめん 雷蔵 新宮店 ごまたんたんめん こちらは赤坦々。 たぶんですが、とんこつスープをベースにゴマペースト等でスープを仕上げているので重目なスープです。

DATA

とんこつラーメン:590円 辛子高菜チャーハン:580円 辛子高菜チャーハン:750円

住所 福岡県糟屋郡新宮町原上817-1
営業時間 11:00~翌3:00

大きな地図はこちら